SRCでFlashを作るブログ

シミュレーションRPG製作ツール「SRC」向けに何か作ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイルバックアップ・同期サービス

バージョン管理ソフトでネット上でデータを管理するのは敷居が高いので、自分のパソコンに保存し、そのデータをDropboxのようなファイル同期サービスでネット上にバックアップするのがおすすめです。

Dropboxは、自分のパソコンにある特定のフォルダ(Dropboxフォルダ)の中身をネット上にバックアップし、ブラウザ上のDropboxサイトや、他のパソコンからアクセスできるようになるクラウド型サービスです。

エクスプローラーで自分のパソコンのDropboxフォルダにファイルをほうり込んでおけば、自動的にアップロードが始まります。
ネットなど他の作業をしている間に、自動的に最新の状態に更新してくれます。

無料版の容量は2GBですが、いろいろな事でこまごまと容量をアップさせることができます。
まず、他のユーザーが貼ったリンクから登録することで、250MB増量した状態から始めることができます。そのユーザーの容量も250MB増えます。

誰のリンクでもいいです。ちなみに私のリンクはhttp://db.tt/81T7DCtです。

登録後は、チュートリアルやツイッターでDropboxについてつぶやいたりすることで容量が増え、事実上、開始時点での容量は3GBほどになります。

チュートリアル(+256MB)
ツイッターやフェースブックでDropboxについていろいろ(128MB*6)


容量は最小容量のUSBメモリ並とはいえ、シナリオの全バージョンや、製作中のデータをバックアップしておくのには十分だと思います。

完成したシナリオをDropboxで公開


Dropboxフォルダ内の指定したファイルを外部に公開し、Dropboxのサイトからダウンロードできるようになります。
エクスプローラーでファイルを右クリック→Dropbox→共有リンクを入手、でアドレスをコピーできます。


USBメモリや外付けハードディスクに対する利点



物理的な抜き差しがいらない。
ネットでは常に最新の状態が保たれていて、間違って消してしまった場合にもDropboxのサイト上から復旧が可能(30日ほど、変更履歴が残る。もちろん履歴の削除も可)である点です。

デメリット

アップロード速度は50~100KB、ダウンロード速度は~300KBほど。決して速くはありません。

ただし、アップロード時間を事実上0にできる条件があります。それは、「誰か他のユーザーが、全く同じファイルを既にアップロードしている」ことです。
この場合、ファイルの内容を直接転送しなくても、Dropbox側の方で、既にあるデータとリンクすればいいだけなので、時間がかかりません。
「全く同じファイル」は、例えばネットで配布されているソフトのZipファイルなど。

まあSRC用途では世界で一つだけのデータを作成しているわけですから、SRC本体や他の作者が配布しているシナリオ以外にはあまり有効ではない機能かもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://srcdeflash.blog91.fc2.com/tb.php/3-8a9fc277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。